時計修理 東京のコンプリート-ロレックス、オメガ、エルメス、セイコーなどブランド時計の修理からオーバーホール・電池交換まで-
COMPLETE


 

トップ 修理・リペアー無料相談 オーバーホール料金表 修理依頼方法会社案内設備紹介アクセス

トップ >ムーブメント比較解説〜オメガ編〜

ムーブメント比較解説〜オメガ スピードマスター


オメガのスピードマスターにはこれまでに色々なムーブメント(機械)が使用されてきました。このページではオメガ スピードマスターに搭載されている機械の構造的特徴や時計修理をする際に注意しなければいけない点などについて時計職人の観点から解説・コメントしています。まずは第一弾として初代スピードマスターに使用されていましたCal.321からスタートし、今後順次他のムーブメントに関する解説もアップしていきますのでどうぞお楽しみに!

     (1)オメガ Cal.321

     (2)オメガ Cal.1040

     (3)オメガ Cal.1151

 

(1)オメガ Cal.321〜初代スピードマスターに使用されたムーブメント

 スピードマスターのファーストモデルに採用されたCal.321の全体像。

 雑誌等では見る機会の少ない文字盤の裏側です。中心軸の左右に弧を描いた細いバネが見えますが、手順に沿った組み方をしなかったせいか、無理に曲げて折ってしまっている個体も多く見受けられます。

 Cal.321にはスタートボタンを押していないのに、12時間計だけが動き出してしまうというトラブルがあります。この場合は左写真の偏心ねじ (赤丸部分)を回し、12時間計車のロックを確実にすることにより解決します。
 Cal.321の原型となったCal.27CHRO17Pには当初12時間計はなく、後に追加された機構であることがわかります。そのせいか、駆動方法、リセット機構などにやや無理をしている感が否めません。
 現在もバセロン/パテック等の高級クロノグラフ用に生産されているレマニアCal.2310の基本構成はCal.321と同じですが、12時間計が装備されているものは少数です。
 デザイン的なこともあるのでしょうが、意外とこのあたりに理由があるのかもしれません。

 

 非常に細いバネが多く使用されているのがわかりますが、これだけ細いと金属疲労、サビなどで折れてしまうことが あります。部品の入手は困難なため、弾性を持った鋼材から旋盤を用いて削りだして作成します。

 クロノグラフは様々なレバーが連動して動作します。そのレバーを固定するため、ネジ頭との間に中間部のある、右写真のようなネジを多用しています。横方向からの力がかかるせいか、経年変化で折れてしまうことが多いため、アンティーククロノの修理は敬遠されるようです。

 このタイプのネジを新規作成するのは、旋盤を使いこなせれば、そう困難なことではありません。

 

 1950年代までに設計されたクロノグラフには偏心ネジなどを用いた調整箇所(赤丸部分)がいくつもあることがわかります。
 しかし、調整箇所が多いということは、それだけ狂いやすい、ということでもあります。細かな部品の構成が様式美を生み出していますが、”計測機器“ということを考慮した場合、改良の余地があったものと思われます。
 雑誌等でCal.321を絶賛する記事が多く、その美点については異論の無いところですが、このような違った側面があることもご理解いただきたいと思います。

 

↓写真をクリックで拡大写真(別ウィンドウ表示)

 
(2)オメガ Cal.1040

 こうしてみるとクロノ機構はCal.861と酷似しており、改良型であることがわかります。

 具体的には自動巻とし、振動数の増加(6振動→8振動)、カレンダー機構と24時間計の追加、分積算計を中心同軸に変更、といった点があげられます。自動巻機構を追加することが第一の課題であったらしく、Cal.861のカム送り方式による分積算機構を廃し、その空いたスペースに切替車、巻上車を組込み、ローターを載せています。

 

 分積算計の構造は後のCal.1045に受け継がれていますが、針を早回しする際、スリップして一緒に積算計も動いてしまう、という欠点もそのままとなってしまいました。筒カナ、筒車の磨きとバリ取り、赤で囲った部品のバネテンション調整を行うことで解決します。

 

 既存のクロノグラフの両面にそれぞれ自動巻、カレンダー機構を組み込んだせいで、ムーブメントは非常に厚みが増しています。

 このマークVは重厚感のあるケースが特徴ですが、ムーブの厚みによって必然的に生まれたデザインなのかもしれません。

 

 

 

(3)オメガ Cal.1151(バルジュー7750)

 とかく“コストダウンが甚だしい”、“無機的で面白みが無い”と揶揄されるバルジュー7750(オメガ1151)です。
そういった指摘に間違いはありませんが、アンティーククロノと比べて全ての面で劣っているのか、というと疑問符がつきます。


 アンティークと現行品、両方を扱っていると、それぞれの長所、短所が見えてきます。一方の側からの評価だけでは、ちょっと7750が可哀相な気がします。

 各種レバーなど、クロノの動作に関わる部品はヘアライン仕上げなどがされておらず、一見“手を抜いた”ような印象を受けますが、微調整の必要は全くなく、加工精度の高さがうかがい知れます。また、材質も硬度が高く、これまで数多くの7750を扱ってきましたが、20年近く使用されたものでも、部品が磨耗しているものはほとんどありませんでした。これは材質のほか、部品の配置や形状も関係していると思います。

 消耗し、交換を要する部品としては、自動巻ローターのベアリングがあげられます。しかし、このベアリング交換にしても、油が切れてもまだ動くからと使用し続け、最も負担のかかるベアリングに磨耗が集中した結果です。
定期的に洗浄・注油を施していれば、磨耗は殆ど進行しないでしょう。

 オーバーホールでややコツのいる部分としては、"Driver cannon pinion"があります(右写真の赤丸部分)。過去の修理で、取り外しの際、ドライバー等を無造作にこじ入れ、地板に傷をつけているだけでなく、軸で繋がる2番車の芯まで曲げてしまっている跡がわかるものもあります。

 そのような見苦しい跡を残さないよう、芯の太さに先を研磨したタガネとポンス台で、中心を正確に押し出すことで2番車と分離します。また、この歯車は取り付けにも正確さを要します。深くセットすると地板に、逆に浅いとカレンダー受けに接触し、ともに動作不良となります。
地板の淵から0.05mmだけ下がるようにセットします。

 欠点としては、ローターが片方向巻上げのため、巻き上げ不足となりやすく、時計を夜外して翌朝に停止してしまう、といった症状が出やすいのですが、これも機械全体の油切れによる動作不良、前述のローターベアリング磨耗が原因であることも多く、適切なオーバーホール、部品交換により解決します。部品の供給が安定しており、故障箇所さえ的確に発見できれば、部品交換と簡単な調整で機能回復できるのも、この機械の特徴です。この点だけは、アンティークが決して及ばないところです。

 このムーブはトリプルカレンダーのついたものですが、この部分の動作不良、部品の磨耗もほとんど発生しません。アンティークのオメガ・トリプルカレンダームーンフェイズの調整に苦労した経験のある人ならば、比較して設計・生産・加工技術の進歩がわかるというものです。

 アンティークのほうが“耐久性に優れる”といった記述をよく目にしますが、レバーや回転軸が磨耗、変形しておらず、大変状態が良い物だけを目にしている場合、
そう感じるのではないでしょうか。

 
このページのトップへ戻る


 


Copyright© 2005-2014 Complete, Inc. All rights reserved
本ページ掲載の写真・デザインの無断複写及び転用を禁じます。